急ぎすぎ

悪い夫を手に入れる女性は、たいがい結婚を急ぎ過ぎた人です。よい夫を得られるなら、いくら結婚が遅れても、遅すぎることはありません。
デフォー(英国の作家、ジャーナリスト / 1660~1731)

看病

どんなに健康な人でも、体調不良で寝込んでしまう時というのは、必ずありますよね。

結婚を考えているパートナーが、心配して自宅まで看病に来てくれることも、あるのではないでしょうか。

ご飯支度・掃除・洗濯など、身の回りのことを代わりにやってくれて、おまけにいつもより長い時間一緒にいることができ、まるで目の前のパートナーと結婚生活を送っているような錯覚に陥ってしまうことでしょう。

そのような時に、こんなプロポーズの言葉はどうでしょうか。

『身体の具合が良くなっても、ずっとそばにいてほしいなぁ…』

体調不良の時だけでなく、体調の良い時も、毎日一緒にいてほしいという、遠回しのプロポーズの言葉です。

とても心の温まる、素敵なプロポーズの言葉ですよね。

どちらかが体調を崩しているわけですから、プロポーズの言葉を言うシチュエーションとしては、良い環境とはいえないかもしれません。

しかし、シチュエーションよりも、プロポーズの言葉のほうが重要です。

シチュエーションは関係なく、プロポーズの言葉は、いつどんな環境にあっても言えるものなのではないでしょうか。

自問

結婚するときはこう自問せよ。「年をとってもこの相手と会話ができるだろうか」そのほかは年月がたてばいずれ変化することだ。
When marrying, ask yourself this question: Do you believe that you will be able to converse well with this person into your old age? Everything else in marriage is transitory.
ニーチェ(ドイツの哲学者、古典文献学者 / 1844~1900)

遠距離

遠距離恋愛をしているという方も、結構多くいらっしゃいますよね。

お互いの距離が遠ければ遠いほど、会うことがなかなか難しいですし、会う時間も限られてしまうと思います。

「このまま離れたくない…」

「ずっと一緒にいたいのに…」

寂しさを抑えきれず甘えてくる彼女に、こんなプロポーズの言葉はいかがですか?

『じゃあ、このままずっと一緒にいようか…?』

離れるのが寂しくて、泣きたくなるような気持ちでいたときに、このようなさりげないプロポーズの言葉を掛けてもらえたらどうでしょうか。

とても胸に響き、一瞬で心がポカポカと温かくなりますよね。

今まで、寂しい思いを我慢して乗り越えてきたからこそ、このようなプロポーズの言葉は、いつも以上に胸に響くものだと思います。

もう、遠距離での寂しさを感じることもなくなりますし、「恋愛」でもなくなります。

これからは夫婦として、ずっと近距離で一緒にいることができるようになります。

いつもの「寂しい意味での涙」ではなく、「嬉しい意味での涙」ととびっきりの笑顔を、きっと見せてくれるはずです。

勝者

男と女は支えあって生きるのだ。ほんとうにそう言いきれる、パートナーを持ちえた人は、人生の勝者です。何でも出来るの。
岡本敏子(岡本太郎の養女、実質的な妻 / 1926~2005)

遠距離

遠距離恋愛をしているという方も、結構多くいらっしゃいますよね。

お互いの距離が遠ければ遠いほど、会うことがなかなか難しいですし、会う時間も限られてしまうと思います。

「このまま離れたくない…」

「ずっと一緒にいたいのに…」

寂しさを抑えきれず甘えてくる彼女に、こんなプロポーズの言葉はいかがですか?

『じゃあ、このままずっと一緒にいようか…?』

離れるのが寂しくて、泣きたくなるような気持ちでいたときに、このようなさりげないプロポーズの言葉を掛けてもらえたらどうでしょうか。

とても胸に響き、一瞬で心がポカポカと温かくなりますよね。

今まで、寂しい思いを我慢して乗り越えてきたからこそ、このようなプロポーズの言葉は、いつも以上に胸に響くものだと思います。

もう、遠距離での寂しさを感じることもなくなりますし、「恋愛」でもなくなります。

これからは夫婦として、ずっと近距離で一緒にいることができるようになります。

いつもの「寂しい意味での涙」ではなく、「嬉しい意味での涙」ととびっきりの笑顔を、きっと見せてくれるはずです。

友情

幸福な結婚においては、恋愛の上にいつか美しい友情が接木されます。この友情は心と肉体と頭脳に同時に結びついているだけにいっそう堅固なのであります。

アンドレ・モーロワ(フランスの小説家、伝記作家、評論家 / 1885~1967)

感謝

「婚活」という言葉が、世間に浸透しつつあります。

 

個々で開かれる合コンに、自治体主催で開かれる街コンなど、このような出会いの場で、見事お付き合いを始めたという方も多くいらっしゃるかと思います。

 

その中でも、「そろそろ結婚の時期かなぁ…」と思い、プロポーズの言葉を考え始めているという方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

一生に一度のことだからこそ、どんなプロポーズの言葉を贈るか、非常に悩みますよね。

 

そんな時はさり気なく、こんなプロポーズの言葉を掛けてみてはどうですか?

 

『あなたと出会えて、本当に良かったと思ってる。結婚してください。』

 

今、目の前にいるパートナーの異性以外にも、男性と女性はたくさんいます。

 

その、たくさんいる異性の中から、2人が出会えた確率は、奇跡の領域ともいえる程低いものです。

 

このプロポーズの言葉自体は至ってシンプルなものですが、出会えたことの感謝と、これからも一生一緒にいようという気持ちが伝わってきて、グッとくるものがあるのではないでしょうか。

 

受諾

立派な男性が求婚すれば、女性がそれを受諾しない理由はない、という考えにはまったく賛成できない。

ナイチンゲール(英国の看護師、社会起業家、看護教育学者 / 1820~1910)