器の小さい男

恋愛対象として気になっている相手や恋人に対して、知りたいことといえば相手の性格ですよね。女性にとっては、器の小さい男性かどうかは気になるポイントではないでしょうか?

器の小ささとは、その人の度量の小ささのこと。例えば、2人に何か不幸なことや壁が立ちふさがったとき、女性を守り対処してくれる度量の大きさは、男性を評価するうえでとても大切なポイントではないでしょうか。そこで、外食時デートをした時に器の小さい男性を見抜く方法をいくつか紹介します。

●お店選びに気を遣いすぎ
相手の好みに合わせたお店選びをすることは親切ですが、「ここは美味しくない」、「混んでいて雰囲気が良くない」など、気を遣いすぎて優柔不断な人は器の小ささを表しているかもしれません。

●お会計がスムーズではない
レジの前で1円単位まで割り勘をしたり、逆にお店を出た後に「お金のことは気にしなくていいからね」などと奢ったことをしつこく言ってくるようなお金に細かすぎる人はケチな性格なことが多いかもしれません。

●店員に対して横柄な態度をとる
注文する時にいきなりタメ口で偉そうに接したり、接客に対してケチをつけたりするような、相手を見下した態度は問答無用に器の小さい男性といえるでしょう。

こういった推理をする能力があると、生活の様々なシーンで役に立ちそうですね!もっと洞察力を鍛えたい!というあなた。手軽にトレーニングしたいなら、ゲームにトライしてみませんか?ミステリーや、なぞなぞ、脱出ゲームなどの頭を使うゲームが、あなたの洞察力を育ててくれるでしょう。

 

付き合う

現代の日本では、初婚年齢が遅い「晩婚」の人が増えています。

それゆえに、周りにプロポーズをしたことがある人がおらず、プロポーズの仕方がよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

プロポーズの言葉やシチュエーションなどに、特に決まりはありません。

自分の想いがパートナーに伝われば、それは2人にとって、正真正銘のプロポーズです。

では、このような少々風変わりなプロポーズの言葉はどうでしょうか?

『死ぬまで一生付き合って下さい!』

交際を申し込む時によく使われる「付き合って下さい」の言葉を、結婚を申し込む時の言葉にアレンジした、そんなプロポーズの言葉です。

プロポーズの言葉として、この言葉が使われる機会は、定番のものと比べて少ないのかもしれません。
しかし、よく考えてみると、プロポーズの言葉としては間違っていないですよね。

パートナーのほうは、言われた瞬間「えっ?」と思うかもしれませんが、気が付いた時には顔が真っ赤になっていると思います。

片眼で見る

今朝のワイドショーで婚活中は両目を明けてしっかりと

相手を観察し、結婚したら片目でお相手を見て

ある程度は多めに見て生活していくのが

家庭円満の秘訣だとコメンテーターの方が

言ってました。

私も全くその通りだと思います。

これから結婚しようとしている貴女も

すでに結婚されてる貴女も良く考えて下さい。

お別れかな?

プロポーズの言葉や演出は、人によって様々です。

パートナーをドキッとさせる方法でプロポーズをする人、話の流れでさりげなくプロポーズの言葉を口にする人、プロポーズの仕方は、カップルの数だけあるといっても過言ではありません。

パートナーをドキッとさせたい方におすすめなプロポーズの言葉を、紹介したいと思います。

『今の関係に飽きたんだよね…。だからもう、付き合うのを辞めて、結婚しよう?』

途中まで聞いていると、「もしかして別れ話を切り出されるのでは…」という不安が、パートナーの脳裏によぎると思います。

そのような寂しげな雰囲気を作っておいての、このプロポーズの言葉、余計胸に響くものがありますよね。

既に、通じ合うことができている仲ですから、もしかしたらパートナーのほうも、今の関係に飽きて、「結婚したい」と、あなたと同じように思っているかもしれません。

お互いの考えが同じだと、それもまた2人にとって、嬉しい瞬間になるのではないでしょうか。

演出以上

現在、パートナーとの結婚を考えている方も、多くいらっしゃるかと思います。

やはり結婚というのは、2人の人生における一大イベントですから、素敵な思い出として残したいものですよね。

だからこそ、結婚前のプロポーズは、重要な意味を持つものなのではないでしょうか。

演出にこだわるのも良いのですが、やはり演出以上に大切なものは、どのようなプロポーズの言葉を贈るか、ということです。

ロマンチックでなくても、プロポーズの言葉がパートナーに伝われば、それで立派なプロポーズといえるからです。

プロポーズの言葉として、少々照れくさいですが、このような言葉はどうでしょうか?

『世界で一番、あなたのことを愛しています』

このような言葉を掛けられたら、パートナーは「キュン」としてしまうこと、間違いありません。

確かに、プロポーズの言葉としては、定番過ぎるものかもしれません。

だからこそストレートに、「結婚してください」という想いを、パートナーに伝えることができるのではないでしょうか。

誕生日

パートナーの誕生日に、プロポーズをしたいと思っている方も多くいらっしゃるかと思います。

実際、パートナーの誕生日にプロポーズをするという方は非常に多く、誕生日というのは、プロポーズを行う絶好のチャンスだということが窺えます。

パートナーの誕生日を利用して、このようなプロポーズの言葉と共に、誕生日プレゼントを渡してみませんか?

『これからこのアルバムに、2人の結婚生活を綴っていこう』

このプロポーズの言葉からわかる通り、プレゼントというのは「アルバム」です。

これからの結婚生活、2人だけの思い出がたくさん作られていきます。

だからこそ、一瞬一瞬を写真として残していくことも、大切ですよね。

「2人の思い出を大切にしたい」

そんな想いが込められたプロポーズの言葉とプレゼント、パートナーとしても、非常に嬉しいものだと思います。

そのうち、子供の写真が綴られ、孫の写真も綴られていくようになったら、本当に素敵ですよね。

2人共通の、大事な大事な宝物になっていくことでしょう。

幸せになる事

プロポーズの言葉というのは、2人にとって一生忘れることのできない、大きな意味合いを持つ言葉です。

そして、ケンカした時など、夫婦関係に危機が訪れた時にふと思い出すと、初心に返ることができる言葉でもあります。

だからこそ、プロポーズの言葉は大事にしたいですよね。

皆さんもお分かりのことと思いますが、結婚の絶対条件は「幸せになること」といえます。

昨日より今日、今日より明日と、2人の幸せが大きくなっていってほしいという願いを込めて、このようなプロポーズの言葉はどうでしょうか。

『今よりもっと幸せになりたいんだ。だから結婚して下さい。』

大好きなパートナーから、このようなプロポーズの言葉を受けたら、それだけでとても幸せな気持ちになれますよね。

そして、このプロポーズの言葉からは、お付き合いしている段階から、すでにパートナーが幸せを感じていたということも伝わってきます。

デートの度に「本当に楽しんでくれてるのかなぁ…」と、パートナーを心配することもあったはずですから、ホッとするプロポーズの言葉ではないでしょうか。”

生まれ変わっても

結婚前のイベントとして、最も重要で大きいものが、プロポーズではないかと思います。

2人にとって思い出に残る、共通の記念日ですから、少しでも濃い思い出として、いつまでも忘れずに胸にしまっておきたいものです。

シチュエーションにこだわるなど、様々な手の込んだ演出をして、プロポーズをする方も多くいらっしゃいますが、演出の中でも最も重要な意味を持つのが、プロポーズの言葉です。

プロポーズの言葉というのは、他のどんな言葉よりも、強く心に刻まれる言葉です。

パートナーの心に、強く刻まれる言葉として、このような言葉を贈ってみてはいかがですか?

『生まれ変わっても、あなたと結婚したいと思っています。それくらい大好きです。』

一生忘れることのできない、とても素敵なプロポーズの言葉ではないかと思います。

生涯を終えても、そして生まれ変わったとしても、ずっと一緒にいたいと思えるパートナーがいるということ自体が、本当に素敵です。

このようなプロポーズの言葉を受けたパートナーからも、「私もそう思う」という素直な返事を聞くことができるのではないでしょうか。

定番

結婚を考えているパートナーに対して、結婚を申し込む意味で行う「プロポーズ」、様々な形がありますよね。

演出にこだわる方も多いですし、それとは逆に、普段の何気ない場面でプロポーズをするという方も多いので、プロポーズといっても十人十色、人それぞれの形があります。

その中でも、シンプルな形でバシッと決めたいという方も、多いのではないかと思います。

シンプルといえば、このプロポーズの言葉ですよね。

『僕と結婚してください』

プロポーズの言葉としては、定番過ぎる言葉だと思った方も多いかと思います。

パートナーに対して言おうと思っている人も、以前と比べて少ないのかもしれません。

しかし、定番過ぎるからこそ、パートナーに想いが伝わりやすく、胸に響くものなのではないでしょうか。

普段はふざけ合う仲でも、真剣なまなざしでこのようなプロポーズの言葉を受けたら、倒れてしまうくらい嬉しいですよね。

「結婚して欲しい」という、素直で真っすぐな気持ちは、パートナーの心にも、確実に届くものだと思います。