希望年収を200万下げてみては?


内閣府が2014年に公表した「家族と地域における子育てに関する意識調査」を見てみますと、未婚男性が考える「若い世代で未婚・晩婚が増えている理由」は、2位に11ポイント近くの差をつけて、「経済的に余裕がないから」が54.8%で1位となっております。

さらに、やはり内閣府が20代、30代の男女を対象に調査し2010年にまとめた「結婚・家族形成に関する調査報告書」によると、年収が300万円未満の男性回答者の既婚率は8.7%。これが100万円上がり、300万円以上400万円未満となると25.7%に急増します。

お金を持っていない男性ほど、結婚できていない。これには女性側の願望もあるのでございましょう。わが家に集まる婚活女性たちも、お相手に望む年収を「600万円以上」と掲げて婚活に励んでおります。

そして毎回、嘆いております。

「良い人がいない。まったくいない」と。

そこで、提案してみました。

ここはひとつ、お相手の年収を200万円ほど下げて探してみてはどうか、そうすれば、素敵な人も話の合う人もいるのではないかと。

しかし、彼女たちはなかなか首を縦には振りません。

年収600万円以上には根拠があり、妊娠、出産、育児の際には仕事をもてなくなるので、妻子を何年か一人で養い、子どもに習い事などもさせることができて、将来に向けて保険を払い、家や車のローンなどを払えるぎりぎりのラインが600万円なのだそうです。