月別アーカイブ: 2019年11月

菊池桃子さんのような50代での再婚をするための婚活とは

バツイチだった菊池桃子さんが再婚を発表しましたが、もう一度結婚したいとを考えている50代の中には、自分には再婚することは無理だろうとあきらめている人もいるかもしれません。
しかし実際のところ50代で再び結婚して幸せになっている人は、晩婚化の影響もあり増加傾向にあります。

50代にもなればますます年齢を感じる時期にも突入し、心身ともに不安が募り始める時期かもしれません。このようなときにともに乗り越えていくことができるパートナーがいるのは非常に心強いことです。
一度結婚を経験しているからこそ慎重になって踏み出せない人も多いかもしれませんが、適切な方法を行うことによって、再婚は夢ではありません。

50代で再婚するための方法としては、まず最初に趣味を通して知り合いやみつけることから始めてみましょう。
例えば料理の趣味を持っているのであれば、その幅を広げるためにも、また出会いの一つの手段として、料理教室やワイン教室などに通ってみるのもよいでしょう。
このような場所で出会うことができれば、趣味も共通していることから意気投合する可能性もあります。

 

また効率の良い婚活方法で相手を見つけたいのであれば、結婚相談所が一番といえます。結婚相談所と聞くと、30代や40代が多いイメージがあるかもしれませんが、50代でもまだまだチャンスがあるのが事実です。早く結婚したいとあせり、スケジュールをぎちぎちに詰めてしまう人もいるかもしれませんが、実はこのようなケースはなかなか成功につながりません。
婚活においても、気持ちにゆとりを持つことは非常に大切です。
効率を担保してもらえるという考えであれば、結婚相談所はおすすめの一つと言えます。

また近年ではインターネットを通じての婚活サイトを選ぶ人も増えてきています。インターネットで探すことには抵抗があるかもしれませんが、一度使ってみるとその効率の良さがわかるでしょう。

結婚相談所よりもやや割安な値段で利用することができ、様々な記載をしなければならないため、スムーズに進めることができるでしょう。最終的には通常の結婚相談所の方がもちろん効率良いとは言えますが、インターネットでの婚活も悪いものではありません。

このようにさまざまな婚活方法がありますが、焦らずにタイミングを見て積極的に行動し、心に余裕を持っておくことが何よりも大切です。まだ一歩を踏み出せないのであれば、勇気を出して動いてみましょう。

サイト名  結婚相談所「マリアージュ 千と華」
住所  〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満3丁目8−7-501号
TEL  06-6361-7078
担当直通(井上義平)  080-8946-1792

 

結婚するなら大阪のマリアージュで50代からの婚活を

50代からの結婚となれば相手を見つけるのも大変だし、バツイチで子供がいるときには祝福してもらえるかわからないという不安がでてきます。
たしかに自力で婚活をするならば乗り越えなければいけない壁が多く、諦めてしまう人もいるでしょう。

でも、50代からの結婚を成功させるためのノウハウを持った、大阪の結婚相談所マリアージュ千と華の力を借りれば話は別です。

まず相手を探すということでは、全国各地にいる婚活をしている人の情報にアクセスできる団体に加盟しています。膨大な人数の中から、インターネットで検索ができますので何も問題はありません。
そういったシステムを利用するための登録料や入会金などは事前にはっきりと明示しています。利用していく中で高額な追加料金を請求される事はないので心配は無用です。各種料金は会員が相手を見つけて無事に幸せを手に入れてほしいということを願って、低価格に設定されています。ですから、婚活をしたいけど、費用の負担が重くて途中でやめるなんてことにはなりにくいです。

なので50歳を過ぎて結婚をする意欲があるならば、マリアージュ千と華は心強い味方になります。
利用をするために、最初にやることは登録です。
まずは無料で話せる電話あるいはサイトのお問合せフォームで連絡をします。そのときにサービスの内容などをわからないことがあれば質問ができます。
そこで興味を持てたならば、次に無料カウンセリングに進みます。スタッフと直接に会って話すことで、婚活をするにあたって考えていること、これからの人生設計、悩みなどを伝えることができます。

無料カウンセリングで深い話ができたならば、いよいよ入会の手続きです。身元が確かな人でないと登録ができないように、身分証明書や保有している資格の証明書、学歴を証明する卒業証明書などを提出します。


ここで気をつけたいのは提出する写真の身だしなみです。何も知らない二人が出会うためには、写真を見たときの第一印象が重要です。婚活をするのが初めてでどんな写真を撮ればいいのかわからないというならば、マリアージュ千と華では提携写真館がありますからそこで相談をしながら最高の一枚を用意しましょう。

入会後はあとは自分の希望する条件を元に、全国各地でシステムに登録されている人の中から絞り込んでいきます。
もし、気になる人が見つかったら、そこからお見合いをしてそのまま付き合うかどうかを判断します。途中で悩みがあれば、相談をすればアドバイスをもらえます。場合によっては家族からの相談も対応します。

そうしてデートを重ねて相性が良いことを確認したら、最終的に結婚もできます。

 

サイト名  結婚相談所「マリアージュ 千と華」
住所  〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満3丁目8−7-501号
TEL  06-6361-7078
担当直通(井上義平)  080-8946-1792

 

50代の婚活を成功させる3つのポイント

意外かもしれませんが、50代の婚活は珍しくないうえにパートナーを見つけて新しい人生を始める人が大勢います。
とはいえ成功させるにはコツを抑えなくてはならないです。そのコツ、もといポイントは大まかに分けて3つに絞られます。

1つはこだわらずに年相応の身なりや仕草を整える事、もう1つは現実や将来を見据える事、そして最後の1つは自分に合った婚活の場を提供してくれるところを探す事です。

まず1つ目のこだわりを持たず、年相応の身なりや仕草を整える事についてですが、これは50歳だからこそ自覚しなくてはならないポイントと言えます。

50歳ともなれば考えや嗜好を容易く変える事が出来ず、パートナー探しでもつい注文をつけてしまいがちです。しかし50代の婚活は若者たちにありがちな社会的義務や成り行き、あるいは愛情ゆえの結論ではなく、残りの人生を一緒に過ごせるような終活の一面があります。

すなわち50代から始まる人生を見据えなくてはならないわけです。この年相応の振舞いは考え方ではなく、言動や身なりも同じく求められています。たとえお気に入りの洋服でもミニスカートやダメージジーンズをまとう50歳は、周囲からすれば恥ずかしい人でしかありません。そんな人に関心を寄せる人はいないのが現実です。

その現実や将来を踏まえる事が2つ目のポイントになります。
50代の人間にはありがちですが、バツイチや成人した家族、もしくは孫がいても不思議ではないです。結婚は男女が結ばれるだけでなく、両者の家族も結ばれます。そのため家族に結婚の意思を事前に伝え、パートナーとなる人間を紹介しなくては成功しないものです。

こうした家族への紹介は20代や30代でも行われますが、50代の場合は介護や遺産相続など老後の問題が真っ先に浮上するため、家族との関わり合いは大切にしなくてはなりません。特に介護の問題は婚活をするうえで外せない注意事項で、介護をしなくてはならなくなった際の詳細な内容や経済的な見通しなど話せる機会があれば自分から進んで話したほうが相手からの信頼を獲得でき、成功に繋がります。

そして3つ目の自分に合った婚活の場を探す事もまた疎かに出来ないです。
現在はマッチングアプリによる出会いが普及しており、シニア向けのマッチングアプリも存在しています。しかし結婚相談所、パーティーにイベントなど実際に出会ってから交流していく場所の成功率も高いです。その理由は様々ありますが、主催者側の行き届いたサポートやプロフィールを偽れないところが成功の秘訣だとされています。

サイト名  結婚相談所「マリアージュ 千と華」
住所  〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満3丁目8−7-501号
TEL  06-6361-7078
担当直通(井上義平)  080-8946-1792