50代の婚活を成功させる3つのポイント


意外かもしれませんが、50代の婚活は珍しくないうえにパートナーを見つけて新しい人生を始める人が大勢います。
とはいえ成功させるにはコツを抑えなくてはならないです。そのコツ、もといポイントは大まかに分けて3つに絞られます。

1つはこだわらずに年相応の身なりや仕草を整える事、もう1つは現実や将来を見据える事、そして最後の1つは自分に合った婚活の場を提供してくれるところを探す事です。

まず1つ目のこだわりを持たず、年相応の身なりや仕草を整える事についてですが、これは50歳だからこそ自覚しなくてはならないポイントと言えます。

50歳ともなれば考えや嗜好を容易く変える事が出来ず、パートナー探しでもつい注文をつけてしまいがちです。しかし50代の婚活は若者たちにありがちな社会的義務や成り行き、あるいは愛情ゆえの結論ではなく、残りの人生を一緒に過ごせるような終活の一面があります。

すなわち50代から始まる人生を見据えなくてはならないわけです。この年相応の振舞いは考え方ではなく、言動や身なりも同じく求められています。たとえお気に入りの洋服でもミニスカートやダメージジーンズをまとう50歳は、周囲からすれば恥ずかしい人でしかありません。そんな人に関心を寄せる人はいないのが現実です。

その現実や将来を踏まえる事が2つ目のポイントになります。
50代の人間にはありがちですが、バツイチや成人した家族、もしくは孫がいても不思議ではないです。結婚は男女が結ばれるだけでなく、両者の家族も結ばれます。そのため家族に結婚の意思を事前に伝え、パートナーとなる人間を紹介しなくては成功しないものです。

こうした家族への紹介は20代や30代でも行われますが、50代の場合は介護や遺産相続など老後の問題が真っ先に浮上するため、家族との関わり合いは大切にしなくてはなりません。特に介護の問題は婚活をするうえで外せない注意事項で、介護をしなくてはならなくなった際の詳細な内容や経済的な見通しなど話せる機会があれば自分から進んで話したほうが相手からの信頼を獲得でき、成功に繋がります。

そして3つ目の自分に合った婚活の場を探す事もまた疎かに出来ないです。
現在はマッチングアプリによる出会いが普及しており、シニア向けのマッチングアプリも存在しています。しかし結婚相談所、パーティーにイベントなど実際に出会ってから交流していく場所の成功率も高いです。その理由は様々ありますが、主催者側の行き届いたサポートやプロフィールを偽れないところが成功の秘訣だとされています。

サイト名  結婚相談所「マリアージュ 千と華」
住所  〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満3丁目8−7-501号
TEL  06-6361-7078
担当直通(井上義平)  080-8946-1792