月別アーカイブ: 2020年2月

マリアージュ千と華ではシングルマザーの恋愛を応援しています

シングルマザーも恋愛していいのです!

婚活というと初婚の男女が結婚を目的とした活動をすることと思われがちですが、婚活というのは結婚歴のない方だけのものではありません。

最近では様々な事情からお子さんを一人で育てているシングルマザーの数が増えました。

そんなシングルマザーの皆さんはよく、「子供がいるから恋愛はしてはいけない」とおっしゃります。

お子さんの心に配慮する必要はありますが、シングルマザーが恋愛してもいいの?もちろんいいのです。

恋愛をして再婚して幸せな生活を送っていらっしゃる元シングルマザーの女性が沢山いらっしゃるのですから。

無理に恋愛しろとは言いませんが、もし心の支えになってくれるパートナーが欲しいと思う時があるのなら、「シングルマザーは恋愛をしてはいけない」という考えを捨ててください。 婚活=子供の父親探し? ここで注意しなくてはいけないことがあります。それはご自身でも気付かぬうちに「自分の恋愛相手ではなく、子どもの父親探し」をしてしまいがちな点です。

相手の男性のことを好きかどうかはさておき、子供にとっていい父親になってくれるかどうかだけで相手探しをしないでほしいのです。

男性は誰かの父親になりたくて出逢いを求めているわけではありません。

これは逆の立場になって考えてみると分かりやすいと思います。

お子さんが欲しいと思っている男性から「あなたが子持ちだから結婚する」と言われたら、私のことが好きなわけではないのか?シングルマザーなら誰でもいいのか?と違和感を覚えるのではないでしょうか。

お子さんを大事にしてくれる男性であるかどうかと同じくらい、ご自身が本当にお相手の事を好きかどうか?お互いの気持ちを大切にしてほしいのです。

そうすること恋愛は長続きし、最終的に再婚することができるでしょう。

シングルマザーの魅力を自分で知る シングルマザーは相手にされないと思い込まないでほしいのです。

交際中のデートのことを考えると、確かに子どもがいない女性の方が自由に恋愛できるかもしれません。

しかし、女手一つで子供を育てている強さというのは、子供のいない女性にはない大きな魅了だと思います。

そんな強さに惹かれ、同時に自分が守って支えてあげたいと思ってくれるような男性がいるはずです。もっと自信を持っていただきたいなと心から思います。 ご自身がマイナス要素だと思っていることも、他人から見たら魅力に変わる可能性もあります。心の準備ができたときには、ぜひ私たちに応援させてください。

 

大阪で結婚相談所をお探しなら【マリアージュ千と華】

サイト名 結婚相談所「マリアージュ 千と華」
住所 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満3丁目8−7 中之島ウィングマンション501号
TEL 06-6361-7078
担当直通(井上義平) 080-8946-1792

中年の婚活って?婚活注意点を解説します

若いころは独身を謳歌して自由を楽しんでいたけれど、ある程度の年齢になってからは、このままずっと一人で過ごすのは寂しいと思うようになってきた…

でも、中年の婚活って難しいのでは?そんな気になる中年の婚活事情について、気を付けるべきポイントをまじえてお話させていただきます。

 

実は中年の未婚率は意外と高く、男性の五人に一人は独身だといわれています。

日本では、結婚する年齢が年々高くなってきているので、婚活を始める年齢も様々です。

なかには50代を過ぎてから初めて婚活を始められる方もいらっしゃいます。

しかし、年齢が高くなればなるほど、それがネックであると感じてしまいますよね。 中年でも婚活が成功する秘訣とは? 中年の方が婚活を始める場合、大切なことは「今の自分にあった女性と今後の人生を一緒に歩んでいく」という気持ちなのではないでしょうか。

結婚というのはパートナーと人生を共にするということです。歳をとってくればなおさらそういった覚悟は必要になってきます。

そして何より年齢や過去の結婚歴にかかわらず、最終的にはお互いを思いやる気持ちが大切だと思います。思いやりの気持ちをもち、それをしっかり行動で表していくことこそ婚活を成功させるコツだといえます。 自分の経験や考え方に捉われないこと ある程度年齢を重ねると嫌でも人生経験を積んできているものです。

楽しい事だけでなく辛かったことや何かを乗り越えてきたことなど若い人に比べて圧倒的な人生経験があります。これは大きな強みでもあります。

実際、中年男性をタイプとする女性の多くはこういった人生経験を経て得た男性の包容力などに魅力を感じているようです。

ですが、婚活を成功させたいのならここで注意していただきたいことがあります。「自分はこうだから!」という頑固さを捨てることです。

今までの経験を一歩的に相手に押し付けるのではなく、いかに相手と共有できるかという視点にきりかえてみてください。また、相手と共有することと自慢することも違います。独りよがりの自慢ではなく、豊富な経験を女性に伝え、また女性側の経験についても理解を深めていくことが重要だといえるでしょう。

独身生活が長い分、一人で考え、決断し、行動する力は十分についていることと思います。それは素敵な事ですが、結婚生活というのは違う環境で育ちそれぞれ異なる生活を送ってきた男女が一緒に暮らしていくということなので、自分中心ではなく相手の考えを尊重し受け入れていくことを心掛ける必要があります。

結婚前からそういった習慣を身につけておくと「幸せな家庭」を築くことができるでしょう。 なぜ結婚したいと思ったのか?

結婚の目的を見失わずに、残りの人生を一緒に楽しく過ごしていけるパートナーを見つけましょう。マリアージュ千と華ではそんな皆さんの婚活をお手伝いさせていただきます。

 

 

大阪で結婚相談所をお探しなら【マリアージュ千と華】

サイト名 結婚相談所「マリアージュ 千と華」
住所 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満3丁目8−7 中之島ウィングマンション501号
TEL 06-6361-7078
担当直通(井上義平) 080-8946-1792

バツイチ子持ちの知られざる魅力

バツイチ子持ちの知られざる魅力とは?

最近は独身であっても結婚の時期が遅くなっているのに、バツイチ子持ちとなるとますます婚活をするのがたいへんのではないかと思われている方も多いことでしょう。一昔前に比べると、シングルファザー・シングルマザーに対する偏見はずいぶん無くなりましたが、それでもシングルファザー・シングルマザーであるがゆえに何かしら嫌な思いをされた方もいらっしゃることでしょう。

しかし、実際にバツイチ子持ちの方がそれをデメリットとせずに再婚し、幸せになられたケースも沢山あることを知っていただきたいです。
実は、バツイチ子持ちで再婚がうまくいった皆さんにはいくつかの共通点があるのです。
再婚を経て新たな幸せを掴んだ先輩たちの共通点を詳しく解説していきます。

 

再婚された先輩たちの共通点

1.ポジティブな思考をもっている

結婚歴の有無にかかわらず、ポジティブ思考の人ほど婚活がうまくいく傾向にあります。それは、この人と一緒に居れば明るい家庭を築くことができるのではないか?と結婚に対してプラスのイメージが湧くからです。
バツイチ子持ちの方は、本人が子持ちシングルであることを卑屈に捉えているケースが多いです。「子供がいるから恋愛してはいけない」「子持ちは恋愛対象外だ」とマイナス思考になってしまいがち。でも、お互いが幸せになるためにはあなたが前向きになることが重要なのです。

2.再婚するという覚悟がある

これから先の人生を考えた時、一緒に歩んでいけるパートナーが欲しいと思って再婚に向けた考える方は多いのですが、いざ婚活を始めてみると過去の失敗から前に進めないという声も多く耳にします。「また失敗してしまうかも」という不安な気持ちから行動が消極になってしまうことも。
過去に捉われていてはいつまでも前に進めないのは、恋愛も再婚も同じことです。なぜ離婚することになったのか原因を明確にし、それを繰り返さないように「次こそは絶対に幸せになってやるんだ」というくらいの意気込みが必要でしょう。

3.子供ばかりでなく自分のことも大切にする

子持ちだからと無理に頑張らないことも大切です。お子さんの気持ちを考えると、なかなか自分の思うとおりに恋愛を進められないということもあるかもしれません。しかし、そんな風にお子さんを大切に思う気持ちと同じくらい自分のことを大切にしてあげてください。バツチ子持ちを引け目に感じる必要はなく、もう一度結婚したいなと思った気持ちのも大事にしてほしいのです。実際に再婚をしてお子さんと共に幸せな生活を送っている方もたくさんいらっしゃるので、実体験を聞いてみるのもいいかもしれません。

マリアージュ千と華にもたくさんのご成婚事例があります。一緒に幸せを掴みましょう。

 

大阪で結婚相談所をお探しなら【マリアージュ千と華】

サイト名 結婚相談所「マリアージュ 千と華」
住所 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満3丁目8−7 中之島ウィングマンション501号
TEL 06-6361-7078
担当直通(井上義平) 080-8946-1792